« 嗚呼、青春の日々 | トップページ | 幸せの痛み »

MO-108

彩の閉店は26時 当然電車はない。

元上司、先輩、後輩と私

元上司と後輩はそれぞれタクシーで帰路へ、先輩は家が近いので自転車

さて朝まで時間をつぶすかタクって帰るか

とりあえず先輩と二人で〆のラーメンへ

Dsc_2142

先輩いわくラーメンを出す居酒屋とのこと

Dsc_2143

記号のような横向きの看板   店内を見渡したらmotoyaと書いてあった。

MO108ね!分かりづらっ!(笑)

Dsc_2144

もの珍しさから白醤油ラーメンを注文

Dsc_2145

アッサリしてて飲んだ後の〆にはいい!



もう朝まで飲み食いし続ける体力もなく

寒空の下、駅前のロータリーに停まる数台タクシーの中から

個タクをロックオン、すり寄って・・・



浦和までいくら位で行けますか?

マケてくれません?



ってお願いして無事に帰宅しました。

でも寝ようとしたら妻が寝ぼけながら・・・



おはようsleepy・・・sign02coldsweats02

事前に話していたので後で聞いたら、全く覚えてなくて笑ってました。

でも今夜も大事な街の寄り合いが・・・coldsweats01

|

« 嗚呼、青春の日々 | トップページ | 幸せの痛み »

味覚バカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441881/43823898

この記事へのトラックバック一覧です: MO-108:

« 嗚呼、青春の日々 | トップページ | 幸せの痛み »