« 浦和宿ふるさと市ふたたび | トップページ | 1/3の純情な感情 »

平家物語

祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

おごれる人も久しからず、唯春の夜の夢のごとし。

たけき者も遂にはほろびぬ、偏に風の前の塵に同じ。 

Dsc_2868田村商店の跡に開店した 麺屋えび蔵

オーナーは同じなので八頭龍の姉妹店になります。

田村商店の想いが強すぎて(笑)なかなか足が向きませんでした。



満を持しての来訪です。ただの帰り道ですが・・・(笑

えび蔵ですから当然えびが売りなので海老そば定食を注文

Dsc_2869具は、甘エビ、鶏チャーシュー、メンマ、長ネギ、海苔、海老の粉末

Dsc_2870甘エビと海老の粉末  成田屋!(笑

Dsc_2871塩に合う鶏チャーシュー(ちょっと一嵯っぽい)

Dsc_2873麺は八頭龍と同じ荒武者 もちもちで食べ応えがあります。
個人的には細麺の方が好きな訳で・・・

Dsc_2876やっぱり塩は澄んだスープだよなぁ。海老香ります。

Dsc_2879甘エビはそのままバリバリ喰えます。

よく混ざってなかったのか?だんだん海老が強くなり

味の変化が楽しみながら飲み干してしまいました。

Dsc_2881

と、ここで終わらず。頼んだのは海老そば定食です。

Dsc_2872鶏めしBlack 黒い鶏めしに半熟玉子

Dsc_2874半熟玉子を崩して 混ぜる

Dsc_2875海老そばほどのインパクトはナシ

まあ、なかなかいいんじゃない?(笑
(エラそうですが田村商店閉店のキズは癒えません・・・)

|

« 浦和宿ふるさと市ふたたび | トップページ | 1/3の純情な感情 »

味覚バカ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1441881/45449068

この記事へのトラックバック一覧です: 平家物語:

« 浦和宿ふるさと市ふたたび | トップページ | 1/3の純情な感情 »